一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

恒例の青梅宿アートフェスティバル。
今年のテーマはずばり「赤塚富士夫のキャラ」です。

青梅1
あづまやチームは、足立親方、喜楽家のサヨコさん、私でバカボンファミリーです。
バカボンいないけど。

青梅2

ほかにこんな人達もいました。なかなかすごいです。

青梅3

ニャロメとママ。ニャロメ全部手作りですよお。

青梅4

松太郎親方は、84歳。踊る足取りもしっかりしていました。
けっこう楽しいお祭りだと思います。

今回はうちの子供たちも連れて行きました。
帰り道、アケがトイレで用を足しながら ♪てーんさーい いーっかだぁ〜 バ〜〜〜カ ボンボン!
と歌っていたら、知らないおじさんに「しっかりやれよ!」と声をかけられたそうです。

 池袋

この日は池袋で仕事。パチンコ店の宣伝です。
新しくプレッツェル屋さんがオープンして、外国人の幹部スタッフが「必勝」のはちまきを頭に巻いてました。
ユウコねえさんが人気で、一緒に写真を撮られていました。

渋谷

渋谷でチンドンの仕事です。
渋谷の町とチンドン屋って、ミスマッチで絵としては面白い気がする。

神楽坂

チンドン!あづまやの仕事で、新宿区の選挙関係のキャンペーンです。
吉本の芸人さん達が出演する「選挙博」の宣伝も兼ねています。
これを見に来ると、選挙の大切さを笑いながら理解できるという、楽しいイベントでした。

青葉台

チンドン!あづまやの仕事で、青葉台のパチンコ店の開店です。
イワブチさんと一緒です。

青葉台は上品な街ですが、気取ってなくて人なつっこい人が多いのが印象的です。

ハロウィン

台風は思ったよりも早く過ぎ去って、予定していた仕事も無事決行。
千葉県内の大型SCで、ハロウィンのイベントでした。
ステージの周辺をパレードして、ハロウィンの衣装に身をつつんだ子供たちが着いてきます。
ステージに到着してから、お菓子をもらえる仕組みになっています。

ステージ終盤で、リラックマが登場しました。
やはりリラックマは人気者でしたが、意外に「かぼちゃん」も子供たちに人気で、握手を求められていました。

 やげん1

スカイツリーが見える町で仕事です。
地元のお祭りの宣伝で、問屋街などを歩きました。
台風がジワリと近づいて来ていました。

やげん2

途中で、柳橋の「小松屋」に立ち寄りました。
今だけ買える牡蠣のつくだ煮を購入。ちょっとお高いですが、昔ながらの作り方を守っているしっかりした味で、絶品でした。

 川崎1

10月の半ばごろ、川崎のお祭りの賑やかしに呼ばれました。
川崎はとても大きくて、人が多い町です。いくつかの商店街が力を合わせて、とても盛大なお祭り会場でした。
韓国料理や中国人の屋台もたくさんあり、お客さんはどれを食べようか迷ったことでしょう。
ミニSL,フェイスペインティング、舞台でのステージの他に、街角ライブやフリマもあり、1日では全部見切れないほどです。近所だったら、遊びにいきた〜い!


川崎2

お祭りの2日目は、なんと川崎フロンターレのキャラクター「ふろん太」くんと撮影です。
ふろん太くんの方から(まあ、実際はスタッフの方から)、「一緒に写真撮ってもいいですか?」と声をかけてくれたのです。思わずテンションあがりました。
それにしても、ふろん太くんは、何の生き物なのだろう…。

東十条

喜楽家さんの仕事で、東十条のパチンコ店の宣伝に行きました。
おかみさんの軽やかなゴロスのリズムは、やはり素晴らしいです。

日が暮れて宵闇がせまるころ、嵐の「One Love」を吹いてみると、おかみさんが「あれ?今の曲ってマツジュンの映画のじゃない?」と反応してくれました。さ〜すが〜!テレビの花男も見てたそうです。
私も、10年後もその時のアイドルの歌を知っていたいものだと思いました。

川越

ライブの翌日は、チンドン芸能社の仕事で川越へ行きました。
日曜日の川越は、たくさんの観光客で賑わっていて、チラシがあっという間になくなるほどでした。
チラシを受け取ると、私たちの宣伝している施設にすぐ向かう人が何人もいて、チンドン屋の面目躍如といったところです。

2日間、気の抜けない仕事が終わってほっとしました。川越の地ビール「KOEDO」を飲んで行きたかったけれど、子供たちが待っているので、さつまいもバウムクーヘンをおみやげに買って帰りました。


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM