一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

柴又1

柴又で仕事でした。
まずは寅さんにごあいさつ。

柴又2

本当に風情のある商店街の街並みです。
ここを練り歩いたわけではありませんでしたが、他のどの街よりも似合ってますよね。

撮影

この日は撮影でした。
通りがかりの人から「音鳴らしてよ」と言われるのですが、何の宣伝でもないので音無しの構えです。

でも撮影終了後、ちょこっとだけ鳴らして行きました。

そばや

お久しぶりです。
大震災からひと月以上がが経ちました。母を迎えての生活も少しずつ落ち着いてきました。
病院に連れていったり、ケアマネージャーさんを決めて連絡を取ったり、デイサービスに行き始めたりと目まぐるしい毎日でしたが、リズムができてきて自分の時間も作れるようになりました。
この間、子供たちも進学、そして小学校へ入学と新たな一歩を踏み出しています。

しかし、世の中の極端な自粛ムードで、イベントやお祭りはことごとく中止。パチンコ店も石原発言の前から元気がなく、チンドン屋の仕事は99%がキャンセルになってしまいました
特に自治体主催のものは、早々と中止を決めていました。4月の8日〜10日の予定だった全国チンドンコンクールも中止です。
やむを得なかったかもしれませんが、中止を決める役所の人はイベントがなくなっても給料がもらえるのです。ですが、イベントには多くの人が関わっていて、それで生活している人は大きな打撃を受けています。イベント企画会社は規模が大きいだけに今相当厳しいと思います。
お花見の自粛で、屋形船もキャンセルが相次いでいましたね。知り合いのオーケストラ奏者もコンサートが相次いで中止になって、会社が心配だと言っていました。

これだけ大きな影響が出るのですから、中止を決定する際には、「他のとこがやめるからウチも」みたいに安易に決めないでほしいものです。こんなときこそ、大いにイベントをやって義捐金を集めるとかプラスに考えていきたいものです。

こうした状況の中、勇気ある(?)クライアントもいるもので、チンドンの仕事はまったくゼロというわけではありません。
4月の頭に、よしのさんの現場がありました。居酒屋のオープンの宣伝です。
苦情を言われるかと覚悟していましたが、町の人の反応はとても温かかったです。むしろ歓迎しているようでした。住宅街の裏の通りを流すと、次々と家から人が出てきて話しかけてきます。急いで戻ってカメラを取ってきた親子や、AKB48をリクエストしてくれた親子に出会い、むしろ普段より濃密な時間がありました。
上の写真は、バス通りを延々と歩いて疲れが出てきた頃、「うちでちょっと休んで行きなよ」と声をかけてくれたおそばやさんと一緒に撮ったものです。

私自身は約半月ぶりのチンドン仕事でした。いろいろな事があってすっかり心が縮こまっていましたが、やっぱりチンドンはいいなあと思いました。久しぶりの現場でバテましたが、心は元気になりました。

更新してない間に、3月になってしまいました
今までも何度かお邪魔した高齢者施設のお誕生会に、また呼んでもらいました。
お誕生月の方からリクエストをいただいて、だいたい10曲ほど演奏します。そして、私たちが「お年寄りはこんな曲が好きだろう」というのを、いつもくつがえされます。

今回のリクエストの中には、ベートーヴェンの第9あり、昔の民謡あり、童謡あり、そして美空ひばりから中島みゆきまで、バラエティに富んだプログラムとなりました。
「愛燦々」は人気で、毎回どなたかがリクエストするのですが、涙を流して聞いてくれる方もあり、こちらもグッと来てしまいます。
別れ際には、また会える日を願うばかりです。

誕生会

お誕生会が終わると、入所者の方はケーキとお茶でティータイムです。
私たちもお相伴にあずかり、楽しい時を過ごしました。一緒に連れて行ったアケも、長い間じっと我慢していましたが、ケーキでご満悦です

誕生会

目黒

チンドン!あづまやで毎年呼んでもらっている目黒のお稲荷さんのお祭りです。
開催日が日にちで決まっているので、その日が平日でも休日でも同じようにやります。
地元の人はちゃんとわかっていて、お稲荷さんにお参りしてからイベントに参加します。知らない人には私たちチンドン屋がお知らせするという寸法になっているのです。

小さいお祭りながら、商店会もがんばっていて、干物の詰め合わせや新鮮野菜などの目玉商品がたくさん売り出されますが、あっという間に売り切れてしまいます。さらに抽選会ではトイレットペーパーなどの日用品が当たるとあって、行列ができます。待っている人たちが退屈しないように音楽を流すのも又、私たちの役目です。

商品も無くなりかけてお客さんの行列も途絶えたころ、商店会の人が私たちにも抽選していくように勧めてくれました。私はティッシュを当てましたよ。買おうと思っていたのでちょうど良かったです。

目黒2

新台

私自身はパチンコは全くやりませんが、パチンコ店の新台入替えでチンドン屋が呼ばれることが多いので、おのずと新台の情報には詳しくなります。
この度の新台は「巨人の星」。昔見ましたね〜。今見るとありえない話ですが、当時は何の疑問も持たず結構熱心に見てました。

でも私はパ・リーグのファン。今年はパ・リーグ面白そうです。
公式戦が楽しみです。

 よしのさんの仕事で、「春闘の決起集会に来てください」という宣伝です。

春闘

中野駅前から出発して、中野の町を一回り。知り合いに良く会いました。
翌日オープンする商業施設の宣伝かと思われたり。

早く春が来ないかな〜、といろいろな意味で思いました。

府中

府中で仕事でした。1月いっぱいはお正月気分なのでしょうか。普段は洋装の楽士も和装が多くなります。
府中には大国魂神社という大きな神社があり、駅からそこへ続く大きなケヤキ並木があります。
歴史を感じさせる条件が整っているのに新しいビルもあり、それがうまくミックスされています。この日は広い歩道を利用してフリーマーケットが開催されていました。

府中は落ち着いていて住みやすい町だと思いました。チンドンをやっていなければ住みたい町のひとつです。(チンドンの仕事はあちこちに行くので、交通の便が良い方が楽なのです。)
まあどこでも「住めば都」な私ではあります。

ホテル

さる会社の新年パーティで、賑やかしの仕事でした。
都内の高級ホテルが会場でしたが、控室に客室を用意してもらいました。広々とした部屋で眺めも良く、ゴージャスな気分になります。
演奏は午後からだったのでお昼にお弁当を用意してくれたのですが、まるで懐石料理のような凝ったお弁当でびっくり。大変おいしくいただきました。

仕事でこんな良い思いをさせていただくことはめったにないのです。
これで、今年一年、過酷な天候の日も乗り越えられるぞ!と思いました。

 茨城に住むSさんという男性から、昨秋あづまやに演奏の依頼がありました。それがちょっと変わっていて、自分で作曲した曲を演奏してほしいというのです。楽譜を事前に送ってもらっていたので、メンバーに集まってもらって、都内の地域センターで録音することになりました。
チンドン、ゴロス、クラリネット、アルトサックスという編成で「チンドンラプソディ」という曲です。なかなかポップな明るい曲で、その曲調から私は50代の方を想像していました。

現場に茨城から駈けつけてくれたSさんは、その想像を裏切って64歳ということでした。子供のころ聞いたチンドン屋の音色が思い出されて、懐かしい思いで作曲されたのだそうです。
私たちの演奏を耳にすると、Sさんはたいそう感激されて「この日のために作曲してきたのだと思います。」と言ってくれました。ずっと製造業にたずさわっていて、作曲は趣味ということでしたが、ご本人の思いが伝わる良い曲でした。
もうひとつ持ってきていたサックスソロの曲を大高さんに吹いてもらいましたが、それも素晴らしくて全員が気に入ってしまいました。

演奏したことでこんなにも人に喜んでもらって、私も幸せな時間を過ごしました。

録音


PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM