一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

JUGEMテーマ:地域/ローカル

長野県南佐久郡川上村はレタスの村として有名ですが、5月3日には7年に一度の御柱祭があり、その行列を先導する役目を仰せつかってチンドンで行って来ました。



大きな御柱を数十人もの屈強な男性が曳くのですが、相当な重さがあるのでしょう、少しずつしか進めません。その度にお菓子や食べ物、飲み物(ビールも)ふるまわれて、英気を養い再びの出発になります。まず木遣りが朗々と歌われ、ラッパ隊の演奏が続きます。まさに進軍ラッパですが、その演奏が衝撃でした!



ピストンのない単純なラッパを何十人もの吹き手が同じ旋律を鳴らします。その時々で違うメロディーですが、正露丸でおなじみのあのメロディーだったり、ドミソだけの○ッキー○ウスマーチだったり。その力強い演奏に魅了されてしまいました。
私には最近の和風の芸能よりも遥かにトキメク体験でしたが、伝統ある御柱祭に突撃ラッパはふさわしくないとかいう声もあるようで、取りやめている地区もあるとか。
地元の祭りは、地元の人が長い時間かけて育ててきたもので、一部だけを見た観光客がとやかく言うものではないと思うのですが。
実際、あのラッパ隊がいるからこそ重い御柱を曳く力も湧いてくるというもので、絶対になくして欲しくないと思いました。

  • -
  • 11:26
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM