一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 


















私も子供たちもパスタが大好き。特に最近ではアンチョビとキャベツのペペロンチーノとか、季節の食材プラスしょっぱいもので作るパスタが気に入っています。
この世界的な食べ物はどうやって生まれ、そしてどのように広まってきたのだろうという素朴な疑問に答えてくれたのが、岩波ジュニア新書の「パスタでたどるイタリア史」です。
歴史が苦手な私でも、食べ物を通してだと興味が持て、その時代の勢力関係や考え方に左右されながらもイタリアの国民的な食べ物として愛され続けてきたパスタのたどった道がよくわかりました。
中でも、イタリア料理には欠かせないと思っていたトマトが、新大陸の植民地からもたらされた比較的新しい素材で、しかも最初は観賞用だったというのには驚きです。そうした目からウロコの解説を読むと、自分がいかに決まりきった先入観に囚われているかを感じます。

私の好きな写真家である大村次郷さんの、料理の香りや音が聞こえてきそうな口絵の写真も魅力的です。
 

  • -
  • 13:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM