一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



石巻1

南東北で桜が満開の頃、知人に声をかけていただいて、被災地へボランティアに行ってきました。
私は仙台で生まれ、高校まで過ごしました。昨年の地震のあと、自分が何も手伝えないことをもどかしく思っていたので、この機会を与えてもらったことを嬉しく思いました。

バスで6時間ほど走って、石巻に入りました。今の被災地の様子も見ることができました。
1日目は、そのリポートです。

石巻2

女川町立病院から見た様子です。
女川は津波の被害が最も大きく、たくさんの方が犠牲になりました。
漁業と原発で栄えた町並みが跡形もなくなっていて、横倒しになったコンクリートのビルを、津波のモニュメントとして残そうかどうか議論がされているそうです。

石巻3

1年が過ぎて、倒壊した建物はかなり撤去され、がれき置き場の山がずっと続いていました。

石巻4

石巻漁港近くです。
津波で流されてきた水産加工場の鯨の大和煮のモニュメント。周りに絵が飾ってあります。
水産加工場で営業を再開しているのは、ほんのひと握りで、ほとんどが再開のめどが立っていないということでした。建物が壊れたままで手つかずの状態の家や工場もたくさんありました。

1年が経って、津波直後のひどい状況からはましになっているのでしょうが、どこもここも更地と壊れたままの建物が混在していて、復興はまだまだこれからという感じです。

石巻5

斉太郎節にも歌われている日和山では、桜が満開です。地元の人もお花見に来ていて、なごやかな雰囲気でした。
地震の時は、ここまで登って来られた人は助かったということです。
目の前には、穏やかな海が横たわっていました。








  • -
  • 16:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM