一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


中野

中野の商店街の片隅に「昭和新道(しんみち)」という、飲み屋街があります。
ここ何年か『昭和メロディアスナイト』というイベントをやっていて、チンドン屋もそのお手伝いをしています。
主役はいわゆる流しの歌い手さん。今年も数組の歌い手さんが呼ばれていて、このイベントに賛同してくれているお店で無料で歌ってくれるのです。

私たちチンドン屋はお店のお客さんと歌い手さんとの橋渡しの役割です。
あいにくの雨だったので、最初はお客さんもポツポツとしかいませんでしたが、夜も更けるにつれてお店の中もお客さんが増えて、歌い手さんも忙しくなりました。

ちなみに上の写真で、ギター片手に奥の方からやってくるのは、一番人気の田渕純さん。
和田弘とマヒナスターズの最後の歌手で、王子様のようなルックスとそれに似つかわしくない低音の魅力の歌い手さんです。あちこちの店で引っ張りだこでしたよ






  • -
  • 17:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM