一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

富山の


毎年4月の初めに、富山で全国チンドンコンクールがあります。(今年はもう終わってしまいました…。)
それを見に富山に来てくださいという宣伝を、富山の観光課の人たちと一緒に大宮駅と東京駅でやりました。

日本中からチンドン屋が集まり日本一を競うコンクールや大通りの練り歩きがあり、富山の街に春の訪れをやかましく告げる風物詩となっているのです。
私自身は残念ながら参加できませんでしたが、行けば絶対に面白いお祭りです。

それに富山はこれからが春本番。ホタルイカに山菜と美味しいものも多い富山。
チンドンコンクールは来年にとっておいて、この春は富山に来られ〜

  • -
  • 16:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM