一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 珍しく寝つけない夜でした。
何度も寝返りを打ち、さっきまでの眠気がどこへ消えたかと探しているうちに、ふと、脳の奥の方で、思い出される曲の断片がありました。

追いかけようとすると断片は遠ざかり、自分が眠ろうと無になると、またかすかな音の集まりとしてやって来るのです。そのうち、いくつかの記憶のかけらが結集し初めて、焦点を合わせようともがき始めました。
それは、昔聞いていたテレビドラマの音楽だったような、CMの曲だったような…。少なくともクラシックや歌謡曲ではないようです。
ある有力な候補が現れましたが、脳の一方では「違う」と言っています。そのような脳内対話を何度も繰り返した後、一眼レフのカメラがピントを合わせるように、急にはっきりとメロディーが思い出されました。
しかもかなり細部まで。

その曲は70年代のNHKの金曜時代劇「ふりむくな鶴吉」のテーマ曲だったのです。
当時の私は、テレビのテーマ音楽が好きで、カセットに空中録音するのが趣味でした。アニメや時代劇、少年ドラマシリーズなどが雑多に入ったカセットテープは長い間宝物でしたが、テープの聞けない環境になってしまった今、カセットの存在そのものを忘れていました。

「ふりむくな鶴吉」は沖雅也主演の時代劇でしたが、内容はほとんど覚えていません。それどころか見ていたかさえ定かではありません。でも、そのテーマ音楽の斬新さ、カッコよさは今思い出すだけで身震いするくらいなのです。

気がかりがすっかり解決して無事眠りに落ち、翌日you tubeで探してみることにしました。昭和の、しかもマイナーなドラマなので見つからないだろうと思っていましたが、まさかの再会でした。
空中録音が精一杯の時代に、貴重なビデオテープに録画していた人がいたのですね。感謝です。
曲の素晴らしさは色褪せていないばかりか、今聞いても尚、新しい曲です。
作曲は樋口康雄氏で、他にもさまざまなドラマやCMの音楽を手掛けて来た人です。そして驚いたことに、やはり昔大好きだった「涙をこえて」を歌っていたメンバーの一人「ピコ」でもありました。

気になる方は、こちらを聞いてみて下さいね。↓
http://www.youtube.com/watch?v=i2n9BS7u14w


少年ドラマシリーズ「つぶやき岩の秘密」の主題歌、石川セリが歌う「遠い海の記憶」の作曲もこの人でした。こちらもとても好きな歌です。

  • -
  • 16:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
70年代のアメリカの
刑事ものののTVシリーズのテーマ曲みたいですね。





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM