一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

施設から出て駅に向かったものの、全ての電車が止まっており、運転再開もいつになるかわからないのです。

その駅は駅前にお店が何もなかったので、動いていた市バスで私鉄の駅に行きました。アコーディオンのカメさんと、イベント会社の女性も一緒です。

ようやく自宅と電話がつながり、家族は無事でいることがわかりました。
しかしながら、私鉄の方も全く動く気配はなく、公衆電話やタクシーには長い列ができていました。

今日は帰れないかもと思い始め、駅ビルの飲食店で早めの夕食をとり、レンタカーに一塁の望みをかけました。いくつかのレンタカーを当たりましたが既に予約でいっぱい、乗り捨ても不可です。
またスゴスゴと駅前に戻って、しかたなくタクシー待ちの行列に加わりましたが、三百人ほどの列に対して、30分に一台来るか来ないか。それに北風がだいぶ冷たくなってきました。

私たちは観念して、その日演奏をした施設に向かいました。電話が通じないので、門前払いされたらいよいよ路頭に迷います。

30分ほど歩いて着きますと、果たして、職員の方は温かく迎え入れてくれました。すぐに部屋と毛布を用意してくれたのです。その日は施設内の対応で疲れていたでしょうに、嫌な顔一つせずに。

帰れない職員も泊まっているので、あまり空いてないといいながら、体験ルームというベッド、シャワー、暖房、テレビつきのホテルのような部屋を貸してくれました。ベッドは一つでしたが、毛布を数枚重ねれば十分で、シャワーまで使えて、本当にありがたかったです。幸運でした。

テレビでは震災のニュースをずっとやっていて、あまりの被害に言葉を失いました。

その内に仙台の母も無事だというメールが来ました。ほっと一息です。

翌朝には私鉄が動いていましたので、私鉄を乗り継いで何とか自宅に帰りました。
さあ、あと一時間で卒園式です。

  • -
  • 20:00
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
お母さん、無事で良かった。
  • ブービー
  • 2011/03/16 11:21





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM