一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

親子

都内の児童館で、親子コンサートに出演しました。
対象は0歳からの乳幼児とその親ということで、たくさんの親子が来てくれました。

私が親子向けのコンサートをやろうと思ったきっかけは、自分の子育て中に子連れで気軽に行けるコンサートがあったらいいなあという気持ちでした。それから試行錯誤して、まだまだ発展途上です。
その頃赤ちゃんだった上の子はもう11歳。子育ての真っ最中だと思っていましたが、一番大変な時期はいつの間にか過ぎていました。

この日のコンサートに来てくれたお母さんたちから「音楽が聞きたい」気持ちが伝わってきました。演奏の間、子供が思い思いの方向へ移動しても、組になって遊んでもらう場面では瞬時にわが子を引きよせて、「ギューっと」抱きしめてあげていました。
お母さんたちのお子さんへの愛情が感じられて、嬉しくなりました。

0歳から3歳が一番子育てが長く感じられる時期かもしれません。コンサートでホッと一息ついてもらえたかな。

  • -
  • 22:20
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM