一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

レタスってパリッとさせるのに、水につけておくのがこれまでの常識でしたよね。
ところが、今ではお湯につけるとパリッとなるというのが定説のようで、やってみました。
前に聞いたのは「熱湯にサッとくぐらす」というやり方でしたが、熱湯を沸かすのがもったいない、サッとやるのが苦手、なんだか煮えそうな気がする…というわけで試していませんでした。
最近では、「40度から50度ぐらいのぬるま湯に2,3分つける」という方法が多いようで、これなら蛇口のお湯でも楽にできそうです。

やってみると、確かにパリッとしました。
それに、密閉容器に入れておくと翌日も赤くならずに、パリ感が残るので、一気に食べなくても済みます。朝の忙しい時に、いちいちレタスを洗うのが面倒で、あるのについ使わずじまいだったりしていましたが、この方法を知ってからは、前より気軽にレタスを食べるようになりました。

なぜ、ぬるま湯でパリッとなるのかは忘れてしまいました。
ネットでいろいろ書いてあったので、興味のある方は調べてみてください。

  • -
  • 21:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Related Entry
Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM