一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 ゴールデウイークが明けた頃、プーの小学校の遠足だった。しかし、その日は朝から雨が降ったりやんだり。結局、次の日へ延期ということになったが、お弁当は持って行った。
雨の日でもチンドンは延期にならないので、私はその足で出勤。そんなにひどい降り方ではなく、笑顔でお仕事。

傘

今年になってから、なぜか雨の中の仕事が多い。
実は雨女なのか…?
雨の時には、どんな曲を吹くか。私なりに考えているのだ。
あまりしみったれたのは、気分が暗くなるから避ける。(三善英史の「雨」とか)
さらに悪天候になりそうなのも縁起が悪い。(八代亜紀「雨の慕情」)
でもこの曲は個人的に好きなので、小降りの時の定番。「子連れ狼」(♪シトシトピッチャン)
最近覚えたサブちゃんの「ギター仁義」は
♪あ〜め〜のォ〜、うらぁまぁちぃ〜、とぼとぼぉとぉ〜
で始まる。曲調は暗くないので、気持ちをやんわりと出せる。(自己満足?)
「TSUNAMI」はとくに説明しなくても。
「宙船」。TOKIOのPVでずぶぬれになっていたから。(ほとんど関係ないか)
和田アキ子「どしゃぶりの雨の中で」私はさ〜け〜ぶ〜〜っ!って気になるほど降っていることもある。

そして、帰る頃になってなぜかやんでいる事も多い。
いまだに清志郎の「雨上がりの夜空に」は吹けない。

次の日も雨で、プーの遠足は中止。でもお弁当は作らなくちゃならず、前日夜まで仕事だったので内容はあまり変わらず。
「果物は、きのうと同じだからね」と言ったら、「果物でしょ?」と言われてしまった。

雨上がり

皮肉な雨雲は夕方には遠くへと去って行った。

  • -
  • 12:25
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

プラネタリウム

Archive

Recommend

やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4))
やかまし村の子どもたち (リンドグレーン作品集 (4)) (JUGEMレビュー »)
リンドグレーン
やかまし村の子どもたちは全部でたったの6人。自然の中で大いに遊んで毎日が楽しく過ぎて行きます。
テレビもねぇ、電話もねぇ、ゲームもメールもWiiもねえ!!
子どもが子どもらしく生きられた時代のお話。私には懐かしくどんどん読んでしまいます。

Recommend

チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ)
チャレンジミッケ!7 パイレーツ (創作絵本シリーズ) (JUGEMレビュー »)
ウォルター・ウィック
ミッケのシリーズは我が家で大人気の絵本。お題の物がどこに隠れているか探し出す楽しみはもちろん、全ページを通しても仕掛けになっていて「あ!そうか」という体験を何度もします。
見つけるとつい「見っけ!」といってしまいます。それに何より美しいです。

Recommend

クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050))
クローディアの秘密 (岩波少年文庫 (050)) (JUGEMレビュー »)
E.L.カニグズバーグ
ある日クローディアはしっかり者の弟を誘ってメトロポリタン美術館に家出をします。そこで本当に自分が夢中になるものに出会います。そして謎解きが始まって…。

物語が最高に面白い。10代の頃の憧れを思い出させてくれます。

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM